毛なし暮らし、始めました。

毛なし暮らしな生活

毛なし暮らし、始めました。

 

初めに

この文章はコンプレックスを馬鹿にするものではありません。

コンプレックスを強みにするということ。

自分の生き様に胸を張るということ。

 

 

 

どうも岸本です。

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401033213j:plain

 

新年度も始まり、新しい生活に心を躍らせながらウキウキしている人が多いんじゃないでしょうか?

 

何を隠そう僕もそのうちの一人です。

 

 

そのウキウキした新生活を始めるにあたって僕は美容室に来ています。

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401042213j:plain



 

なんだ、新生活を始めるにあたって髪を切りに来たんだろう?と思った皆様。

 

半分正解ですが半分ハズレです。

 

 

 

突然ですがこの度、タイトルにあるように

「毛なし暮らし、始めました。(始めます)」

 

 

 

 

 

 

??

 

 

 

 

 

毛なし暮らし?

 

 

 

そう、毛のない暮らしを始めることにしました。

 

つまり、髪の毛を刈ることにしました。(いや、剃ることにしました。) 

 

一見したところ髪の毛がふさふさに見えますが、ここ1年ほど前頭葉のあたりの髪の毛が寂しくなっていることに悩まされています。

 

はい、禿げてきています。

 (※ちなみにこの髪の毛は天パなので地毛です。)

 

 

齢27歳のアラサーに差しかかろうという僕の最大の悩み

  • 髪の毛が日々、後退している
  • 毎日、お風呂に入るたびに抜け毛が気になる
  • 薄い個所を見せたとして、みんなが笑って対応できる許容値を超えている

 

こんなことに悩んで生きていてもつまらない。

ハゲてきている髪の毛を隠して生きていくより、いっそのこと剃ってしまった方がカッコいい!

全てをさらけ出していこう。 

 

 

その結論に至った僕は薄毛が気になり始めたころ(1年前くらい)から時期を見計らってしようと思っていた髪型にすることにしました。

 

 

 

それがこれ 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401051629j:plain

(岸本がささっとペンタブで描いたので原作ファンの皆様すいません)

 

キン肉マンに登場するラーメンマン先生ですね。

このラーメンマン先生がやっている髪型、辮髪にすることにしました。

 

理由はただただカッコいいから

即断即決ですね。

 

確か、映画ではジェットリーさんやガクトさんもしてましたね、辮髪。

 

それでは早速、辮髪にしていきます。

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401052020j:plain

 

 やっとこの伸び切った髪の毛ともおさらばする時が来ました。

 

 

別アングルからも髪の量をお届けします。

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401052347j:plain

 

しかしこう見ると長いね。

こんなにボサボサですが、お風呂に入ると濡れたプードルみたいにボリュームがなくなって小さくなっていました。

もう鏡の中のプードルとも会えないかと思うと少しの寂しさを感じてしまいます。

 

 

 

自分で自分のことプードルって言うなよと思ったみなさん。

愛くるしいプードルとは程遠い、むさくるしい存在だということは僕が一番感じています。

 

 

 

 

……

 

 

 

それでは!バリカンをいれてもらいたいと思います。

一度、真ん中を刈ったら写真を撮りたいので止めてもらうことにしました。

 

 

もうこのあたりでは髪の毛がなくなることにテンションが上がってしまい自分を見失っていましたね。

同級生とのカラオケで「流行った曲歌っていこうぜ!」の流れになった時、みんながラッドやゆずを歌う中、意気揚々とPENICILLINの「ロマンス」を熱唱して、終わった後に場がしらけていた時くらいには自分を見失っていたように思います。

(僕はPENICILLINさんの「ロマンス」大好きです。)

 

 

本当に自分を見失うってどれほど怖いことなのか皆さん、肝に銘じておいてくださいね。

 

 

 

 

「はい、じゃあいきますよー」

(ご想像でお楽しみください)

 

 

 

 

ブイーン(バリカンを入れる音)

 

 

 

 

 

ジョリジョリジョリ(髪の毛がなくなる音)

 

 

 

 

 

ー剃り終わりー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!?

 

 

 

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401052855j:plain

 

「そうだ俺、ハゲてたんだ…」

 

鏡を見たら目の前に映る落ち武者を無た時の絶望感。

髪の毛がある時はわからなかった思いのほか薄いという事実。

 

その二つが僕の顔に虚無感を塗りたくりました。

 

 

分かりにくい方のために

(※薄毛が苦手な方は細めにして少し読み飛ばしてください。)

 

 

 

 

ドン!

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401054454j:plain

 

 

 

ドーン!!! 

 

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401060922j:plain

(集中線、描くのって難しいんですね)

 

これはキてる。

相当、キてる。

 

 

本当に草木が枯れ果てたサバンナくらいにキてる。

目を開けるとそこには殺伐とした光景が広がっていました。

 

 

この殺伐とした余韻をもう少し楽しみたいところでしたが、僕の心が刻一刻と失意の底に落ちていくのを感じたのでどんどんいってもらうことにします。

 

 

 

 気を取り直して。

 

 

 

ウイーン(バリカンが動く音)

 

 

 

 

 

ジョリジョリ(髪の毛がなくなる音)

 

 

 

 

 

バリバリ(さらに髪の毛がなくなる音)

 

 

 

 

 

ー終了ー

 

 

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401062707j:plain

 

おお!先ほどの絶望的な状況からは想像もつかないほどいい感じになってる。

 

 

ほんとめちゃめちゃカッコいい!!

 

 

スタイリストさんさすがです。

 

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401063416j:plain

 

切った髪の毛たち

 

 

 

ここまではスタイリストさんにお任せしてあとは自分でやります。

※免許的に理容師さんは剃刀で髪の毛が剃れるけど美容師さんは剃れないため。

 

 

 

そして、綺麗に残った髪の毛を剃った跡がこちら

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401063227j:plain

 

はい、ツルツルになりました。

これが僕が望んでいた辮髪

 

なかなか街中でこんな髪型の人を見ないから心の中でガッツポーズをしています。

もう最高です。

 

ただ、光でわからないですが普通に禿げている個所はわかります。

それでもここまでやってしまったらもう誰にも気を使わせずに済む。

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401063621j:plain

満面の笑みで記念撮影

 

 

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401064327j:plain

刈った髪の毛を我が子のように見つめる岸本

 

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401064738j:plain

二人で記念撮影

 

 

 

誰も踏み入ることのできない二人だけの世界

 

 

 

 二人だけの世界…

 

 

??

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

ちょっと待って。

 

 

 

 

 

 

手に持ってるのタケノコ?

 

 

 

 

さっきは我が子のようだと言ったけど、髪の毛がタケノコにしか見えなくなってきた。

もうタケノコじゃん!

実家の裏の山に生えてる採れたてぴちぴちのタケノコじゃん!!

 

 

可愛い我が子もタケノコにしか見えなくなったのでもうタケノコにしました。

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401070750j:plain

タケノコとの記念撮影

 

 

 

 

こうして無事に「毛なし暮らし、始めました。」

 

 

 

ここでブログを終わろうかと思いましたがこれだけでは何か物足りなかったので後日、染め直してしっかりとした写真を撮ってもらいました。

 

 

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401071403j:plain

なんかすごい職人感ある

 

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401071415j:plain

夕日に見つめられる辮髪

 

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180401071421j:plain

オレ、俗世を捨てようと思う

 

 

 

最後のは本当に奇跡の一枚。

俗世を捨てにかかってる。

 

 

本当に素敵な写真が取れました。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

というわけで素敵な写真も一杯撮れたし、辮髪にして「毛なし暮らし」もスタートした記念に

 

「毛なし暮らしカレンダー」を毎月ネットにUPしていきます。

毎月、その月ごとの写真を携帯の待ち受けになるようにカレンダーにしてお届け! 

 

 

このブログを見た人から「誰がほしいねん」って野次がとんできそうだけど、僕はみんなほしいと思ってるよ?

 

 

 

「毛なし暮らしカレンダー」は毎月24日に僕のTwitterにをあげていきますのでお楽しみに。

今月は4月24日に5月分のカレンダーをあげます!

以下のサンプルと4月分はまたTwitterにあげますね。

twitter.com

 

サンプルはこんな感じ。

 

1月 

f:id:bunamato_mosiki:20180402124311j:plain

 

2月

f:id:bunamato_mosiki:20180402124321j:plain

 

3月

 

f:id:bunamato_mosiki:20180402174141j:plain

 

 

こんな感じで毎日、僕の頭とおはようできます。

最高でしかないね。

 

 

なんだか、画像編集して楽しくなってきたから自分の描いたイラストを頭の上に集合させました。

 

f:id:bunamato_mosiki:20180402140109j:plain

阿鼻叫喚が聞こえてきそうな地獄絵図

 

 

 

これにて本当に無事に

「毛なし暮らし、始めました。」

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180402140304j:plain

 

 

本当に読んでくださった皆様、長いこのブログにお付き合いありがとうございました。

本当に少しでも面白かったとか何か感じてくださることがあればTwitterなどSNSでシェアしてくださるとありがたいです。

 

 

最後に

髪が薄いとかハゲてるとかそんなん気にしてても始まらない。自分に自信がないとか毎日が楽しくないとかコンプレックスがあるとか、モノは考え方でそれを楽しめるかは全部自分次第。そんなん後ろ向きなことなんか考えてる暇あったら自分の生き方に胸を張って生きていきたい。誰になんと言われようが、誰に批判されようが、誰かに冒険はやめたほうがいいといわれてもそれは自分の人生。

ダサいといわれようが自分がカッコいいと思う方を選べばいい。

 

このブログを読んでくださった皆様が自分の生き様に胸の張れる人生を歩んでいかれることを願っています。

 

僕は僕のスタイルを貫いていく。

 

 

 

こんな辮髪な男は「MCしてデザインして絵を描くフリーランス」として活動しています。

MC、デザイン、イラスト、絵画のお仕事、お待ちしております。

 

岸本学ポートフォリオサイト

 

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20180402140919j:plain

 

今後とも岸本学をご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます