読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもんぱかる。今年は特におもんぱかる。

日々

正月も箱根駅伝のランナーのように足早に僕の立つ場所から過ぎさり、そろそろ東京に戻ろうかと考えながら、実家のオカンが温めてくれた布団の中で筆をとる。

 

 

毎年、目標らしい目標というものは漠然と立て、川辺に漂うビニール袋みたいにふわふわと陽気にただよっている。

 

 

毎年毎年思うのだが、常に目標の中に「チャレンジ」を暗に意味するような言葉を用いることが好きだということに26歳の僕は先ほど気づいた。

 

 

ある時は「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

と題打ってその一年間はひたすらやったことのないこと、やりたいことに臆せず飛び込んで行っていた。

 

 

そうして、いつも通り虎に狩られて返ってくるのが僕なのだがそれはそれでいいではないか。

そのように思ってしまうものであるから、挑戦するということを今年も目標にするのは果たしていかがなものであるか。

 

 

目標にせずとも何かしら挑戦をしていないことなんて生きていればないのではないだろうか?

 

 

そんな結論に至ったのだ。

 

 

今年はどんな目標を立てようか。

悩みに悩んで結局、決まらないま1日が過ぎ去って行く。

そんなことにならないのが適当に生きている僕の少しばかり誇らしくなる良さでもあると自負している。

 

であるからして、思いついたら決めてしまう後先考えない厄介な性格なもので今、布団の中でこの文字たちを起こしながら考えて、目標が決まった。

 

 

 

 

実直に慮る。

じっちょくにおもんぱかる。

jittyokuniomonpakaru

 

 

 

 

そう、誠実に焦らず真面目に周りの状況をよく考えて生きたいと思う。

 

 

 

 

なんだか今日はやけに真面目に文字に起こしているのは気のせいだろうか。

 

 

 

 

真面目ばかりもつまらないので僕の悪さが際立つ写真でもここで披露させていただこうと思う。

 

f:id:bunamato_mosiki:20170105005531j:image

 

これはおばあちゃんの手を繋いで散歩をするといういい孫を完璧に演じきっている時の写真である。

どうだろう?この写真を見ていい孫に見えてくるであろう。

 

 

ここで見誤ってはいけない。

 

 

僕はとんでもなく悪い奴である!!

 

どれくらい悪いかというと上野公園の鳩なんかは僕が通るだけで逃げていく。

それくらい僕は恐れられる悪党なのだ。

 

わかったであろう。僕が完璧に良い孫を演じていることが。

 

 

しかし、本音を言えば来年もこうしてばあちゃんと手を繋いで散歩でもしてあげたいものである。

 

そんな儚い思いを抱え、僕は明日の夜に大阪を立とうと思うのである。

 

 

f:id:bunamato_mosiki:20170105010301j:image

 

誠実に自分の一歩で生きていく年にする予定である。

三が日が明けた。そしたらこんなこと書いてもいいよね?

日々

昨年は大変、お世話になりました。

 

今年も何卒、よろしくお願い致します!

 

 

という挨拶から日本に生きている人たちの一年が始まる。

何を隠そう、僕もそのうちの一人である。

いや、隠せてはいないだろうから、まさしく「頭隠して尻隠さず」という昔の偉い人かエロい人かどちらでもない人か、そこらへんの人かそんなものはどうでもいいのだか、たぶんおそらく人であろう人が作ったものすごく使い勝手の良い言葉である。

 

頭隠して尻隠さずという言葉だけ聞くととものすごく鈍臭いそんな面持ちをこの言葉は秘めている。

 

 

しかし、こうは考えられないだろうか。

 

頭は隠れるほど小さいが、お尻は隠れないほど大きいと。

 

 

そう、間違いない...

 

 

これこそ南米でモテにもてて、ひっきりなしに彼氏がいて、「あの子ずっと恋人がいるわね!」とクラスの陰でイケイケの女子たちにコソコソと言われているが本人は、そんなことはつゆ知らず、常に恋人がいて人生を誰よりも謳歌しているであろう

 

 

最高のラティーナを表現する言葉ではないだろうか。

 

 

いや、こんな人が街にいたら振り返るよ。

ウルフルズの『バンザイ〜好きでよかった〜』

「いい女がいれば、振り返る。ほんとスケベ、俺の頭ん中」状態である!!

 

 

本当に年始早々、一体全体、僕は何故にこんな話をしているのであろうか。

 

この文字を打っている間にも絶えず、疑念が僕の頭を飛び回るのでそろそろブログを終わりにしようと思う。

 

そんな僕を、今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

f:id:bunamato_mosiki:20170104010310j:image

 

 

 

 

P.S.お尻が大きいだけがいい女でないことは間違いないだろう。

目の前でウインクしてくる2017年と寂しげな顔でこちらを見ている2016年をデコピンしてみる

日々

f:id:bunamato_mosiki:20161230123829j:plain

 

書きたいことはたくさんある。

 

しかし、年の瀬だから少し穏やかな気持ちになって僕は一つ一つ言葉を絞り出していこうと思う。

 

そうそう、レモンの果汁を絞るみたいに脳みそをぎゅっとしていこうと思う。

絞り出すと聞くと、僕は何年か前に流行ったSQUEEZEというガムを思い出してしまう。

果汁絞りガムSQUEEZE

 

めっちゃ流行りましたよね?

すごい勢いで買いましたよね?

 

そんなSQUEEZEが脳裏によぎって、言葉を絞り出していこう。

そういったはずなのにまた変な方向に話が脱線してしまった。

 

もう目の前に大きい頭をちらつかせながら2017年がウインクしてくるので今年をざっくり振り返っていこうと思う。

 

今年の振り返りなんて普段は仰々しく書かないからどう書いていいのかわからないが、かといって日記のように思ったことを書いてある僕の手帳をお見せするわけにもいかない。

 

手帳をお見せしてしまうと、僕がいかによくわからないことをやってきたかがネットを通して世界各国の皆様の目に入ってしまうから、それははばかられる。

いや、正確にはよくわからないことだけでなく仕事はしていた。

 

だがしかし、お前そんなところまで手を出しているのか?

本当にお前の職業は何なんだと、激しく関係各所から詰問されることが予想されるからである。

 

しかし、職業は何ですかという質問に対し、僕は自信を持ってこう答える

 

 

ボヘミアン・エンターテイナーです。と

 

さて、このボヘミアン・エンターテイナーとは何なのだろうか?

実際のところ、僕もよくわかっていない。

 

とりあえず、肩書がほしい。じゃあボヘミアン・エンターテイナーでいいや!

 

その端的な流れでボヘミアン・エンターテイナーと名乗ることにした。

いや、正確にはいろんなことをやりたくなっていろんなことをやるうちに一つ一つ説明していくのが面倒だというのが一番の理由である。

 

ボヘミアン・エンターテイナーと言えば相手様からすればよくわからないであろうから、

 

「色々なことをやっています。」

 

その句読点を含めた、13文字でことがつく。

 

なんて便利な言葉であろうか、これはもはや魔法の言葉と言っても過言ではない。

 

 

さあ、いつものように脱線に脱線を重ねて、脱輪してしまったので今年を振り返る。

1月から12月まで月ごとに振り返っていきたいと思う。

少し長くなってしまうが、そこはご容赦してほしい。

 

 

 

 

 

1月 楽しかった

2月 楽しかった

3月 楽しかった

4月 楽しかった

5月 楽しかった

6月 楽しかった

7月 楽しかった

8月 楽しかった

9月 楽しかった

10月 楽しかった

11月 楽しかった

12月 無情報メンバーが頼もしかった。やはり楽しかった。

 

以上である。

 

 

 

長々とただ楽しかったという言葉の羅列に付き合っていただいて誠に申し訳ない。

10月あたりで、「楽しかった」という言葉がゲシュタルト崩壊を始めた頃であると思うが最後の「頼もしかった」という言葉でふいに襲ってきたゲシュタルト崩壊も追い払えたのではないだろうか。

 

1年を通して楽しかった。そんな印象である。

今年もたくさんの人に迷惑をかけ、たくさんの人を悲しませてしまったかもしれないけれど、たくさんの人と楽しいことが出来て本当にありがたいなーと思う1年であった。

 

出会いは宝物というが本当に出会えてよかった。

 

そう思える人たちがたくさんできた。

 

本当に、大切で普段はこんなことを言うのは照れくさくて柄にもないから一言も発せず、暴言ばかりを吐いているそんな僕ではあるが本当に恵まれている。

 

 

2016年本当に出会ってくれてありがとう。

2017年の決意はまた来年にいうことにするが、26歳岸本学から皆様へ。

 

 

これから500年ばかり生きると思うが、

これからの人生は、楽しいことをする。

そして、出会ってくれた人たちに恩返しをしながら生きていきたいと思う。

 

f:id:bunamato_mosiki:20161230123925j:plain

f:id:bunamato_mosiki:20161230123929j:plain

f:id:bunamato_mosiki:20161230123928j:plain

f:id:bunamato_mosiki:20161230123932j:plain

f:id:bunamato_mosiki:20161230123934j:plain

f:id:bunamato_mosiki:20161230123936j:plain

 

f:id:bunamato_mosiki:20161230123944j:plain

f:id:bunamato_mosiki:20161230123945j:plain

 

 

 

こんなクソガキに付き合ってくれてありがとう。

本当に、本当にありがとう。

 

f:id:bunamato_mosiki:20161230124050j:plain

 

2016年12月30日

岸本学

 

 

今年から年の瀬にはサンタクロースがやってくる

日々

f:id:bunamato_mosiki:20161223120145j:plain

年の瀬が迫ってきた。

良き頃合いなのでない知恵を絞りだし、再びブログというものを再開してみることにする。

 

 

僕のことを知っている人からすれば、あいつはまた何か始めたよ。

そう思うことは重々承知だが勘弁してやってほしい。

何を書こうかまだ決めかねているところではあるが、年の瀬なので年の瀬らしいことをこねくり回すことから始めていこうと思う。

 

 

僕は一つの物事にあるようなないような尾ひれを付けてこねくり回すことが好きな傾向にある。

 

 

それはもう、こねくり回しすぎてハンバーグを作っているときにコネにはこねて最終的に粘り気が出すぎて手に引っ付いて上手く成形できないそんな得も言われぬ感情を味わってしまう時くらいこねくり回していきたいと思う。

 

ハンバーグを今から焼こうとフライパンまで準備したのに、手に引っ付いたひき肉の残骸たちをどうしようか考えて、スプーンを使ってはがしてみたりお箸を使ってはがしてみたり通常の2倍ほどの作業時間がかかってしまい、こんなに疲れる予定ではなかったのに!!とこねくり回し始めた10分前の自分を呪い始めようかと考え始めるあの感情である。

 

ひき肉がまるで「あなたのことは一生、離さない!!」と言わんばかりな顔で迫ってくる。

そんなありがた迷惑な経験を味わったことがない方は、今夜帰る時にでもひき肉を買ってハンバーグを作ってみてほしい。

おそらく10分前の自分を呪い殺そうと考えること間違いなしである。

 

 

話がズレにズレてしまったが、年の瀬らしい話をしていこうかと思う。

 

 

年の瀬というのはそもそも、高名な辞書の言葉を借りると

「あわただしい年の暮れ」

という意味があるらしい。

 

 

そう、年の瀬は坊さんが古今東西、東へ西へ走りまくった「師走」という言葉に表されるように

 

 

 

間違いなく忙しいのである。

 

 

なぜ、お前はそんなに忙しいと言われる時期に悠長にブログなんぞ始めているのだとツッコミが入りそうだが、それを詮索することは控えてほしい。

 

 

いや、むしろ言ってしまった方がいいかもしれない

 

 

 

僕は暇なのである。

 

いや、暇というのは少々、語弊があるかもしれない。

仕事をそこそこうまくスケジューリングし、僕の溜まりにたまった鬱憤ともいうべき日ごろの考えを書いていこうと訳も分からず、ブログなんて始める余裕を作ってしまった。

そういった方が自分に対して、優しさに満ち溢れているように思う。

 

 

 

断じて、僕はただ暇を持て余しているわけではない。

 

それだけ、理解していただければ幸いである。

 

しかし、いつでもウェルカム、仕事はどしどしお待ちしている。

 

さあ、そんな話は置いておいて、この忙しい年の瀬に少しばかりの余裕が持てる大人になっていくことが必要だなと思う今日この頃である。

 

無茶はしないが無理はするくらいに年の瀬を謳歌して、街を闊歩していこうと思う。

 

今年からサンタクロースがやってくるらしいが、今年から皆様のサンタクロースになれるようにただただ、いろんなことをこねくり回していきたいと思う。